リップルをコインチェック以外の国内取引所で購入するには

スポンサードリンク

 

ネムの流出問題で「保有者全員に対し日本円で返金する」と、早々に発表したコインチェック
しかし、その方法や時期については、今のところ検討中。
他の仮想通貨や日本円の出金や取引についても停止中で、再開のめどすら立っていない状況です。

コインチェックにしか仮想通貨を持っておらず、投資スタンスは基本“ガチホ”の私ですが、もし今回の件が無かったらずっとその姿勢は変えなかったと思います。

リップル(XRP)を買える時に買い増しして、そこそこの額になったらコールドウォレットに移動する。
それ以外は何もしなかったかもしれません。

しかし、今回の件を受けて、取引所の分散はした方が良いと感じました。
そして、いつでもリップルを買い増しできるように、他の取引所も早急に口座開設しておきたい。

ということで、まずはコインチェック以外でリップルを購入する方法について調べてみました。

スポンサードリンク

 

リップルの取り扱いがある国内の取引所

仮想通貨の国内大手取引所といえば、bitFlyer(ビットフライヤー)とZaif(ザイフ)の2社は比較的有名ですよね。
私でさえ既に口座を持っているくらい。

ただ、2018年1月現在、ビットフライヤーもザイフもリップルの取り扱いがありません。
なので、他を当たらなければいけません。

コインチェック以外で、現在リップルの取り扱いがある国内取引所には下の3つがあります。

bitbank(ビットバンク)

BitTrade(ビットトレード)

Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)

尚、取引所ではありませんが、GMOコイン(ジーエムオーコイン)でもリップルを買うことが可能です。

次に、それぞれの特徴についてまとめてみます。

 

リップルの取引所の特徴まとめ

【bitbank(ビットバンク)】

ビットバンク最大の売りは『最先端のセキュリティ』。
ビットコインセキュリティ専門企業の BitGo と提携することで、インターネットに常時接続されているホットウォレットの安全性も確保されているそう。
また、常にスマホユーザーの利便性を追求しており、いつでもどこでもストレス無くトレードできる手軽さが魅力です。

 

【BitTrade(ビットトレード)】

イメージキャラクターにタレントの小島瑠璃子さんを起用。
その割には、資本金や仮想通貨の取引量は少なめで、比較的規模の小さい取引所といえるのがこのビットトレード。
但し、仮想通貨交換業者へは登録済みで、セキュリティ対策も世界最高水準というから安心して取引ができるとは思います。

 

【Mr.Exchange(ミスターエクスチェンジ)】

2017年9月に前身の『ミスターリップル』から『ミスターエクスチェンジ』に全面リニューアル。
ウォレットの機能を充実させることにより、管理しやすさと利便性、スピーディーな取引を追求しています。
ただ、現在のところまだ利用者が非常に少ないと言われており、個人的には暫く様子を見てみたい取引所です。

 

それぞれの取引所について調べた結果、取り敢えずはビットバンクの口座開設をしてみようと思います。

やはり、コインチェックの後だけに、強固なセキュリティは絶対に外せないところです。
また、ビットバンクは他の2社と比較して資本金の多さが飛び抜けていたため、その点も考慮しています。

ビットバンクの口座開設の仕方などは、また改めて記事にしたいと思います。

 


★人気の『仮想通貨ブログ』はこちらから
▼   ▼   ▼   ▼   ▼


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ