楽天コインはいつから?導入時期や目的、その将来性や価値とは

スポンサードリンク

 

2018年2月27日、楽天の三木谷浩史会長兼社長はスペイン・バルセロナで開催された『モバイル・ワールド・コングレス』という世界最大級の携帯端末見本市にて公演を行いました。
その中で三木谷社長は、楽天のネット販売などで得られるポイントに、将来的に仮想通貨の基幹技術である『ブロックチェーン』を活用した『楽天コイン』なるものをつくる構想があることを明らかにしています。

 

楽天ポイントと楽天コインの違い

現在、楽天の各種サービスを利用することによって得られる『楽天ポイント』は、基本的に各国別のサービスのため、その国でしか利用することができません。

しかし、楽天コインは三木谷社長曰く、
「日本だけでなく、グローバルで付加価値の高い会員プログラムを提供する」
とのことで、楽天コインが各国で共通利用できる仕組みにすることを示唆しています。

今回、楽天コインの詳細については語られていません。
それでも、現在日本国内の楽天サービスのみで1ポイント1円換算で利用されている楽天ポイントに比べれば、楽天コインの可能性は遥かにそれを上回るのは想像に難くありません。

楽天コインで、海外の楽天サイトから自由に手軽にショッピングができる。
そんな楽天の未来に自然と期待感が高まります。

スポンサードリンク

 

楽天コインはいつから使える?その導入時期は・・・

楽天コインの導入時期に関してはまだ明らかにされておりません。

ただ、一説によれば三木谷社長が公の場で発表した以上、かなり実用段階に近づいているのではないかといった見方もあるようです。
今後の楽天の動向を注視したいところです。

 

楽天コインは投資対象に成り得るか?

もし、楽天コインの価値が1コイン=1円、もしくは1円よりも低く、おまけに日本国内でしか利用できなかったとしたら、当然ですが投資対象にはならないでしょう。

しかし、先述の通り楽天コインが各国で共通利用できるものだとすれば、きっと話は違ってくるはずです。

海外のサイトで何か物を買ったり、サービスに申し込んだりする場合、結構な手間が掛かりますよね。
為替や物価の関係で、料金が割高になるケースもあるでしょう。
そんな時に、楽天コインで簡単に決済が出来たとしたら・・・。

投資対象に成り得るかどうか、未来のことはわかりません。
楽天でしか利用できないのであれば、それがネックにも成り得ます。

果たして、楽天コインはどんな価値を持つのでしょうか?
その辺りも注視したいところです。

 


★人気の『仮想通貨ブログ』はこちらから
▼   ▼   ▼   ▼   ▼


仮想通貨ランキング

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村


スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ